« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

ベンツ小林氏、マンション久保田氏、銀玉親方氏は何処へ

かつてパチンコがブームだった90年代に活躍したパチプロたちはどこへ行ってしまったのだろうか。

パチンコでベンツを買ったベンツ小林氏やマンションを2軒も買ったマンション久保田氏には驚かされた。

当時はゴールデンタイムにパチンコ特集番組などを放映されており、パチンコファンである私も必ずチェックしていたのですが、最近は全くご無沙汰。

マンション久保田氏やベンツ氏は今でもパチンコをやっているようですが、ブログも更新していないし、テレビにも出ないし、どうしているのか気になるところです。

ベンツ氏がフィーバールーセントを使って釘の説明をしていた光景は今でも忘れません。そうやって見るのか、という目からウロコが落ちる思いでした。

そういう影響もあって私もパチンコの世界に入り、20年近くがたとうしています。

ベンツ氏が監修したパチンコ必勝法のビデオは私のバイブルとなっています。

2012年3月24日 (土)

台湾のパチンコ屋が24時間営業が多いらしい

台湾のパチンコ屋は24時間営業が多かったりするので笑える。

朝一からパチンコしてる人ってどういう人なのよ。

昔、テレビで見たけど、掛け持ちも自由で何台も確保して、出玉の共有も自由で何でもありって感じだった。

弁当が無料で出されていたには笑えましたけど。

台湾の人は熱くなりやすい国民性のようなので、店内での客や店員とのトラブルもさぞ多いのでしょうね。

2012年3月16日 (金)

釘読み練習はゲームセンターで行う

大きいゲームセンターに行くとパチンコゲームが置いてあったりしますよね。
あれっと結構釘読みの練習になるんです。

ゲームセンターに置いてあるパチンコゲームは遊ぶためのものですから、釘が甘い調整がされているものがほとんどです。私も色々見てきましたが、大きいところではほとんど全部が甘い調整ですね。

命釘が広くて、風車周辺が特に甘いです。風車周辺が甘いと玉はヘソに寄りやすくなるのです。具体的には風車自体が左向き、風車右上の釘が上げ調整、風車真上の釘が下調整です。

実際に回して見ましたがヘソにドンドン入ります。実店舗でこんな調整されたら店は潰されてしまうでしょうね。

しかし、甘い釘調整というものがどういうものなのかを知るにはいいと思います。

これと全く同じような調整はないかもしれませんが、どういう釘調整なら回りやすくなるかを知るいい勉強になるのです。

2012年3月11日 (日)

安いパチンコ台で還元率を上げよ!

最近のパチンコ台は昔に比べて高額化しました。30万円以上です。100台新台導入すれば、3000万円も店が負担しなければならないのです。

しかし実際は店が負担するのではなく、客が負担するのです。

出玉率を絞ることになります。つまり渋釘調整になるというわけ。

これだから最近の台は勝ちにくい

タイアップ機も価格上昇に拍車をかけている。

メーカーは安い台を出して、店の負担を減らし、客に還元するようにして欲しいものである。

2012年3月 4日 (日)

パチンコやりすぎで腰が痛い

私はパチンコ大ファンなわけで、しょっちゅうパチンコをやっているわけなんですが、パチンコはデスクワークと同じようなものですから、腰をやられてしまうんです。

最初は大丈夫であっても2~3時間座っていると痛みが出てきます。

たまに運動してますが、それでもダメ。

そこで、ファイテンのシールを貼ったら結構痛みが緩和されるんで驚きました。

シールもずっと貼っていると取れてしまうし、衛生上も良くないので定期的に張り替えていますが、これからも手放せない存在になりそうです。

ファイテン信者と言われるほどこのメーカーの商品を愛用されている方がいるらしいですね。

私はそれ以来ファイテンのファンになってしまい、シールの他にもネックレス、腰痛ベルト、ふくらはぎ用のサポーターなんかを持っています。

特に首回りもすごく悪かったのですが、これもファイテンのおかげで解消されました。

私もファイテン信者になりそうです。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »