« 等価交換はキツイ | トップページ | 軍資金が少なすぎるのも・・・ »

2012年7月30日 (月)

確率は一日で収束するとは限らない

パチンコは確率のゲームです。もう1000回回したんだからそろそろ出るだろうと思っていてもなかなか思うようにはいきません。

それは、確率は一日で収束するとは限らないからです。数日間沈黙を保ったままの台もあったりします。1000回回そうと2000回回そうと出ないものは全然出ません。

これがパチンコの恐ろしいところです。要するに確率のムラがあるわけですね。

このムラがあるからこそ、ハマリもあるけれど大連荘というのもあるのです。

しかし、私たちは大連荘しても疑問には思わないものの、大ハマリがあるとなぜか遠隔操作とか、裏ロムだとかって疑ってしまうのです。身勝手なものですね。

この確率の理屈がわかっていれば、大ハマリであろうが冷静に対処できるわけです。

確率は一日で元確率に収束するとは限りません。しかし、数ヶ月とかの長いスパンで見てみると限りなく元確率に近づいていく、つまり収束していくのです。

« 等価交換はキツイ | トップページ | 軍資金が少なすぎるのも・・・ »

ギャンブル」カテゴリの記事